弊社の特色・強み | 江別・札幌清田区・北広島のリフォーム・リノベーション 株式会社ラインエス

FEATURE弊社の特色・強み

代表挨拶

この度は、弊社ホームページにお越しいただきましてありがとうございます。ラインエスは平成5年の創業以来、多数のお客様との出会いと、思い出を築かせていただいております。これはひとえに皆様のご支援の賜と心より感謝しております。

弊社では常にお客様に安心し、快適な生活を過ごしていただけるように、安全(Safety) な資材や製品を提供し、適切で確実な施工を施すことや、お客様にご満足いただけるサービス(Service)を心掛けること、そして常にお客様や仲間に笑顔(Smiling)で接することにより、人間としての通じ合いを生み出す信頼という文字を創り出す第一歩として3つのエス(S)を経営理念としております。今後とも、皆様のご期待にお応えできるように精進して参りますので、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ラインエスでは調査を「見える化」することで安心をご提供いたします

国交省認定「既存住宅状況調査技術者」資格を取得

株式会社ラインエスでは、リフォームにあたり、建物自体に何か問題がないかどうかを調査致します。鉄筋センサーや赤外線サーモグラフィなど、最新機器を駆使することで調査を「見える化」し、お客様と一緒に確認をすることで、不明瞭な点がない適切で明確な施工が可能になると考えております。

赤外線サーモグラフィの有効活用

赤外線サーモグラフィとは対象物から出ている赤外線放射エネルギーを検出し、見かけの温度に変換して、温度分布を画像表示する装置、あるいはその方法のことを言います。
サーモグラフィは、断熱不良、気密不良、暖房配管の問題、水漏れ、結露、カビの発生など建物の問題を視覚化し、その位置を正確に示すことができるため、問題解決の重要な第一歩となります。

赤外線サーモグラフィの特徴

①面の温度分布として捉え、可視化情報として表示できる。
②離れたところから非接触及び非破壊で温度測定ができる。
リアルタイムで温度計測ができる。

調査画像例

漏水現場

可視画像

表面には何も異常なく撮影されています。

赤外線画像

周辺と比較し、天井の一部に冷たく(濃紺色)表示され雨漏りの箇所が推定されます。

断熱欠損現場

可視画像

表面には何も異常なく撮影されています。

赤外線画像

点検口部と壁の一部に断熱欠損が推定されます。

FRIRの建築診断用サーモグラフィによるアプリケーション例

床下暖房(不良箇所の確認)

地域暖房(地中網での漏れ)

二重ガラス窓に混じった単板
ガラス窓

壁の内部(基礎部、筋交い部の確認)

屋根からの漏れを示す湿った天井

耐熱ブロックの割れ
(熱の損失)

断熱不良の壁

ドアと窓からの熱損失

赤外線サーモグラフィによる主な建物調査項目

赤外線サーモグラフィは建物診断の応用例が豊富ですが、壁などの表面に温度差が現れない状況では問題箇所を特定することはできません。
例えば、雨漏り箇所を特定するために実際に水をまいて壁面内部に温度差を作るなど、天候や気温を考慮する必要があります。サーモグラフィによる建築物診断(非破壊診断)は、目に見えない問題を見つけ出す手段の一つです。

調査可能箇所

建築物の断熱状態の調査 / 外壁調査(非破壊検査) / 雨漏りなどの水分ダメージ調査 / 床と壁の立て付け調査 / 床下暖房の状態調査 / 壁面内部や筋交いや位置調査/

調査料金に関しましては、是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

リフォームの減税・補助制度など

リフォームの減税・補助制度のご紹介

株式会社ラインエスでは、国や市区町村が展開している様々な減税・補助制度をお客様にご紹介しております。リフォーム一体型の住宅ローンはもちろん、弊社がオススメしているリノベーションに関しましてもご案内させていただいております。また、詳細は随時、ニュース記事として更新してまいりますので是非ご確認下さい。