次世代住宅ポイント制度について | 江別・札幌清田区・北広島のリフォーム・リノベーション 株式会社ラインエス

NEWS & WORKSNEWS - 施工事例

次世代住宅ポイント制度について

※参照 LIXILホームページ次世代住宅ポイント制度より 

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、10月1日以降に引渡しになる住宅リフォーム工事の次世代住宅ポイント制度の申請受付、ポイント発行が始まっております。

次世代住宅ポイント制度とは、消費税率10%が適用される一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームに対し、設置製品により1ポイント当り1円相当のポイントを発行し、ポイントをさまざまな商品と交換できる制度です。

〇対象期間と特例

次世代住宅ポイント制度は、2019年4月1日~2020年3月31日までの契約・着工で、2019年10月1日以降にお引き渡しとなる工事が対象となります。

また、契約締結の経過措置(2018年12月21日~2019年3月31日の契約で2019年10月1日以降の引き渡しとなる工事は消費税率8%を適用)対象の工事であっても、2019年10月1日以降の着工であれば対象となります。

〇対象となるリフォーム工事

住宅リフォームに関しては、環境、安心・安全、健康長寿・高齢者対応、子育て支援、働き方改革に役立つ一定の性能を持つ9項目に該当する工事や商品についてポイントが付与されます。

①開口部の断熱改修

②外壁、屋根・天井または床の断熱改修

③エコ住宅設備の設置

④バリアフリー改修

⑤耐震改修

⑥家事負担軽減に資する設備の設置

⑦リフォーム瑕疵保険への加入

⑧インスペクションの実施

⑨若者・子育て世代が既存住宅を購入して行う一定規模以上のリフォーム

※若者世帯とは、2018年12月21日(閣議決定日)時点で40歳未満の世帯。

※子育て世帯とは、2018年12月21日(閣議決定日)時点で18歳未満の子を有する世帯、または申請時点で18歳未満の子を有する世帯。

※対象住宅の性能・対象工事等の内容に応じてその性能を証明する書類が必要になります。

付与されるポイントの上限は世帯により1戸あたり30万ポイントとなりますが、若者・子育て世帯で既存住宅の購入に伴うリフォームにおいては60万ポイントまで上限が引き上げられる等、発行ポイント上限が引き上げられる条件もあります。

制度についての詳しい内容、対象製品・対象工事、申請書類のダウンロード、ポイントと交換できる商品の検索は、国土交通省 次世代住宅ポイント制度事務局のホームページよりご覧いただけます。その他各メーカーのホームページでも制度についての説明がございます。下記のアドレスを直接クリックして下さい。

国土交通省 次世代住宅ポイント

https://www.jisedai-points.jp/

LIXIL 次世代住宅ポイント制度について

https://www.lixil.co.jp/next/

当社でも、お客様のご希望される工事が対象になるのかをお調べ出来ますので、ご不明な点があればお気軽にお問合せ下さい。

お知らせ一覧へ >